If I can stop one heart from breaking. I shall not live in vain


by cupido
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

(コンペイ糖)金平糖の突起

小さくてカワイイ、あまりに有名なお菓子、金平糖(コンペイ糖)
実はポルトガルから伝わったスイーツである。
語源はポルトガル語の砂糖菓子「confeito」であり、
さらにこのポルトガル語は、ラテン語「confectus」を語源とする
「作り上げる」と言う意味である。
e0030497_15434976.jpg

作り上げる?
それはコンペイ糖の根気の要る作り方に関係しているようだ。
昔ながらの製法によると、火にかけた銅鍋の中でケシの実やザラメ砂糖に
高温の砂糖水をかけながら、ひたすら混ぜること数十日。
あの独特の形をしたカワイイ砂糖菓子が出来るのだ。
e0030497_154484.jpg

あの独特の形、それは銅鍋が回転し、鍋肌に接した砂糖が一瞬で乾燥
乾燥した場所に溶けた砂糖が付着、また鍋肌に触れて乾燥、、、
この過程が銅鍋が回転している数十日間繰り返されて、突起が形成される。

そのコンペイ糖の突起の数だが、24個と決まっているらしい。
最初は90個程の突起が出来るらしいが、日が経つごとに減っていって
最終的には24個になるらしい。
e0030497_1545191.jpg

なんでも、この法則は蔵本シバンスキー式によって
定義されようとしているらしいが、まだまだ謎なのだとか。。。
しかも、以前記事にした"12(twelve)に隠された数字の秘密"の倍。
不思議すぎる!

さっそくGoogleで検索!
生命、宇宙、そして万物についての答え
↑これをこのままコピペすると、究極の答えが得られます(笑)
[PR]
by cupido | 2008-04-07 15:45 | 雑学系とか