If I can stop one heart from breaking. I shall not live in vain


by cupido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

英語ペラペラ話そう

なぜ、日本人は英語が話せないのか?みんなでペラペラになろう!

最近、中学校の英語問題を見る機会があった。
経験があるだろうが、中学校では日常会話に必要なほぼ全ての単語と本法を学ぶ。
しかし、かなり気合を入れて勉強しても、中高の勉強だけでペラペラは無理。

さて、最近、職場で筆者が休憩に読んでいる漫画がある。
e0030497_12598.jpg

上の「よつばと!」の画像は、二つの文章に冠詞の違いある。
これ、最初に日本人が英文法で引っかかる壁だろう。

上の文章の違いは、よつばちゃん本人を指すか、よつばちゃんのフィギュアを指すか
ただこの二点だけである。

別にどちらでも、結局よつば、あまり大きな違いは無いし、
日常会話では多少違和感があっても、前後の文で相手は理解してくれるはず。
しかし、英語を流暢に話しているか、または片言なのか、
その判断が、この小さな違和感にかかっている。

そして、何より、この会話上なんの問題も無い小さな違和感、小さな間違いが
日本人を英語下手にしている。
わが国はTOEIC(商業英語検定)の受験率がアジア圏トップクラスなのに
英語習得率は同圏では最下位だとか?
e0030497_1282726.jpg

もうひとつ、間違いやすいポイントがある。時制である。実例をあげよう。

「彼は時間が貴重であると言った。」
He said time was precious.
「彼は時間が貴重であると言う。」
He says time is precious.

では、時制が一致していない文章を見てもらおう。
「彼は時間が貴重であると言った。」
He said time is precious.

時制の一致!時制の一致!中学校で良く教えられた経験があるだろう。
はたして、時制が一致していない文章は間違いなのか?

友人のアメリカ人に聞いてみた(笑)
筆者「どっちが正しいの?時制が一致しないのは間違いなのか?」
AJ「えっ?どっちも正しいよ。時間が貴重って、その通りじゃないか。」

そう、どちらもアメリカ人には違和感なく普通に聞こえるのだ。
その理由とは、文法的に前後の時制がどうあれ、
時間が貴重な事は、過去も現在も変わりない事実であるという事である。
e0030497_1425692.jpg

小さい事を気にして、話せなくなってしまうより、少しくらい違和感があっても
無理矢理単語を繋げて話せば、半分以上は熱意で伝わるものだ(笑)

かつて、筆者が英語を学んでいた頃。履歴書(Resume:レジュメ)の事を英語で

プリーズ ギブ ミー ア ジョブ ドキュメント!(どうか私に仕事を下さいの書類)

と言った事がある。
当時のアメリカ人講師は爆笑して、その後しばらく腹を抱えていたが、
会話は問題なく出来たし、「良くやった」と褒めてくれた(笑)

そんなわけで、英語なんて難しく考えなくても、知ってる単語と、身振り手振りで
だいたいは通じるものだ。

恥ずかしがらないで。

Go for it, it's never too late !!
[PR]
by cupido | 2007-11-26 01:52 | 雑学系とか

パノラミオ panoramio

パノラミオとは、GoogleEarthに追加されたサービスの名称である。
最近、知名度があがったのでは?そんな事ない?知らないですか?

e0030497_0451388.jpg

グーグルアースは、さすがに知らない人は少ないだろうが
世界で最も有名なポータルサイトの一つ、Googleが無料提供するサービス
世界の衛星写真が、ネットを通じて簡単に見る事が出来るのである。

で、パノラミオは、末端のユーザーが旅行などで撮影した写真を投稿する事で
それら現地の写真を、グーグルアース上で共有するといったもの。
e0030497_0533860.jpg

上の写真は、フランス、パリのノートルダム大聖堂
通常の衛星写真は、神様気取りで上から見下ろすだけで、この様なアングルでは
ノートルダムを見る事は出来ないのである。
早い話、それを可能にしたのが、パノラミオのサービスなのだ。

では実際にグーグルアースで見てみよう。
e0030497_152895.jpg

上空2,500Mからのパリ。(なんのこっちゃ分からん)

さらにノートルダムにフォーカスして拡大しましょう。
e0030497_111057.jpg

上空300Mからのノートルダム大聖堂。ほら、こんな感じ。

こうして上から見るだけではなく、我々の目線で現地の写真を見れるのは
とても良いアイデアだと、パノラミオを褒め倒してやりたい。

ネットサーフィンなんて言葉が、時代遅れになってしまった今となっては
静止画の共有なんて退屈かもしれないが、ちょっとした旅行気分が味わえる
なかなか上品な暇つぶしであると、筆者は勝手に思っている。
e0030497_1164643.jpg

上の画像は筆者が、ベルギーのブルージュという田舎に行った時に撮影

他にも筆者は、何枚か投稿していて、暇をみてはアップしている。
写真が実際にグーグルアースで利用されるようになるには、
一定の審査をクリアしなければならないが、ぜひ読者諸君も参加して欲しい。

私のパノラミオはコチラ

-----------------------------------------------------------------

我々が旅をするのは、そこに着くためではなく、旅をするためである。
J.W.ゲーテ (1749-1832)
[PR]
by cupido | 2007-11-14 01:37 | 世間ばなし

レゴビルダー

レゴビルダー、それは、レゴを組み立てて様々な物を造り
その作品を通して、見る人にレゴの楽しさ素晴らしさを伝える仕事。

へぇ~。
e0030497_2401595.jpg

先日、会社の飲み会に参加してきた。不参加者は解雇との理不尽な社長命令
筆者は39度の高熱を出しながらも、足を引きずって参加。。。
転職して、今日で一ヵ月半、まだまだペーペーである。
e0030497_245647.jpg

勤務地の違いで、初めて会う人も少なくはなく楽しかった。
筆者は、そこで、三人も、海外へ留学を考えている人と知り合えた。
イギリスに行きたい人、デンマークに行きたい人、、、
そのうち一人が、レゴビルダーになるべくデンマークに行きたいらしいのである。

偶然にも、ネットでLEGOブロックで造られたステナラインフェリーを見つけたので
今回はレゴ的な話題。ステナはイギリスやレゴ社のあるデンマークにも入る船である。
e0030497_2425821.jpg

乗った人、多分、あんまり居ないだろうけど、ステナラインは筆者にとっては
初めて海上で国境を越えた思い出深い船。ヨーロッパでは有名である。

誰かが夢見がちにではあるが、自分の理想を語っている時、
客観的に、そして現実的に聞けば、馬鹿げていると、感じる人も多いだろう。
でも、筆者はそんな話を聞くのが好きである。
内容がどうあれ、夢を語っている姿は、聞いているこっちまでワクワクする。

初めての指定席チケットで、国際線のフェリーに乗った。
その席をインド人に奪われ、片言の英語で必死に抗議した事。
でも最後には、指定席なんてどうでも良く思えてきて
そのインド親父の子供達と仲良くなって、遊んだ事。
ドーバー海峡が荒れて外の景色が全く見えなかった事。
船内の土産売り場が混雑してた事。
e0030497_2435126.jpg

ステナラインのレゴブロックを見たとき、沢山の思い出が溢れてきた。
あの時の特別な気持ちを、もう一度甦らせるといえば大袈裟かもしれないが
しかし、見る者の心を動かすきっかけになる仕事というのは素敵じゃないか。
e0030497_2461059.jpg

レゴは、デンマーク語で「良く遊べ」との意味らしい。
筆者が大学で、文学を学んでいた頃、K先生が仰っていた。
「文学は技術じゃない。たった一人でもいい、読者の心を打って、はじめて完成する。」
同僚の夢見る三人にも、色々な事に囚われずに
誰かの心に残るような夢の実現を。
e0030497_2463831.jpg


ちなみに、今回の記事で使っている画像の、乗り物や建物などは全て
レゴブロックで出来ている。
[PR]
by cupido | 2007-11-03 02:50 | 世間ばなし