If I can stop one heart from breaking. I shall not live in vain


by cupido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

パンズラビリンス

部屋に散らかっている本を眺めていたら昔読んだ『動物農場』を見つけた。
ジョージ・オーウェルの作品で、1936年のスペイン内戦が書かれた寓話である。
e0030497_1548386.jpg

George Orwell 1903-1950

映画『PAN'S LABYRINTH』の舞台は、1944年、内戦終結後のスペイン
内戦で父を失った主人公オフェリアは、母の再婚相手ビダル大尉と
山奥の駐屯地で新しい生活を始める事になる。
e0030497_155023100.jpg

唯一の肉親にして心のよりどころである母は、身重で体調を崩し
義父は独裁的で暴力的な恐ろしい超ファシスト人間。
"だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。"
e0030497_15512280.jpg

ある夜、妖精に連れられ、牧神パンと出会う事になるオフェリアは
自分が魔法の国の王女である事を伝えられ
魔法の国に帰る為の、3つの試練を受ける事になる。
物語は、この試練(ファンタジー)と現実(山奥での生活)で構成される。
e0030497_15521049.jpg

映画の作品的評価については賛否両論あるだろうが
筆者的には久々に良い物語に出会った感じがして、とても気分がいい。

大げさな言い方だが、物語を読んだり見たりして、そこに秘められた
作者の想いやメッセージに触れる事の、高次元の快感とでも言うべきか・・・
そういった感動を得る為の入門的な作品になりえる映画ではないだろうか。
e0030497_15522995.jpg

織り成すと言う表現が相応しいこの作品は、全体的にダークな要素は多いが
ファンタジーと現実が実にバランス良く配分されている。
これが、全てオフェリアの現実逃避による幻想であるとするのか?
それとも、本当に牧神パンは長い間、ずっとオフェリア王女を待っていたのか?
e0030497_15524516.jpg

物語の最後、ビダル大尉の視点では、牧神パンは映っていない。
しかし一方では、オフェリアが壁にチョークで書いた扉の跡を、メルセデスが発見する。
(チョークは牧神パンがオフェリアに与えた物の一つ)

子守唄もとっても印象的、ちょっとダークで切ない大人のファンタジーである。
PG-12なので、痛々しい描写があるので注意!
先月末にDVD出てますよ。
[PR]
by cupido | 2008-04-20 15:55 | 世間ばなし

買えない蒸しパン

筆者、一ヶ月に一度くらいで、むしょうに蒸しパンが食べたくなる。
と言うことで、買ってきました。

e0030497_21253971.jpg

いい年こいてアンパンマンお買い上げである。

ちょっと考えて欲しい。
蒸しパンを沢山置いているスーパーって見た事あるだろうか?
と言うより、蒸しパンそのものが無い!パン屋にすら無い事もあるぐらいである。

e0030497_21302661.jpg

ちなみに三個セットだった。恥ずかし過ぎる。。。

最近は、モチモチ食感ブームなのか?蒸しパンが売り場にあっても
ずっしりモチモチ系の蒸しパンしか置いていない。
筆者は、このモチモチが嫌いなのでどうしようもない。なんて事だ。

例えば、ミスドのポンデリングとかも嫌いだし(笑)
あと、日本で売ってるトルコ風アイスとかも嫌いである。

e0030497_2136183.jpg

画像は正統派蒸しパンのイメージ

嫌いな原因は、増粘剤にある。
なんだか無理矢理にモチモチやネバネバにさせている物が嫌いなのである。

最近、まぁまぁ美味いと気に入ったのがヤマザキ製パンの蒸しチョコケーキ。
ヤマザキの蒸しケーキと言えば、北海道蒸しチーズケーキが有名だが
下の写真は濃厚ベルギーチョコ風味であ。甘くて美味しい。
e0030497_21425045.jpg

半分くらいでお腹イッパイになるくらい重い、というか濃い

このままモチモチ食感ブームが終わらないなら自分で作るしかないのだろうか?
という事で久々にクッキング!
色々試した結果、ホットケーキミックスをレンジでチンするのが一番手軽!

しかし、一般的なやり方だとパサパサになってしまう。。。
ホットケーキミックスを利用する時は、溶かしバターを少し多めに混ぜてチンしましょう。
[PR]
by cupido | 2008-04-09 21:55 | お買い物
このブログに来てくれる読者の60%は、共通のキーワード検索を行っている。
それは、ドラゴンベアード

筆者がドラゴンベアードについて書いたのは一度だけなのに
ドラゴンビアード =DragonBeard= のシューズ
いまだに、このキーワードで多くの訪問者がある。ありがとう。

e0030497_20363436.jpg

画像はお馴染みのデザインで新作のDB-8S-2003


前と同じ事を書いてしまうが、どうしてもソールが気に入らん
種類にもよるだろうが、インもアウトもソールの薄さが足裏に伝わってくる
アウトソールの滑り止め加工もデザインのうち、って事だろうが実用向きではない。
皮なので丈夫だけれど、長く履いてると伸びてくるので
せっかくの綺麗なシルエットが台無しになってしまう。
e0030497_20482884.jpg


そこで、筆者お気に入りブランドの紹介
価格設定があまり高くないので、けっこう使えるブランド、ディーゼル
e0030497_20532322.jpg


ディーゼルのスニーカーは、何故か黒か白ばかりでちょっと残念だが
とても履きやすいので気になる人は探してみて欲しい。
e0030497_20573974.jpg

筆者はイタリア狂いだが、だからって特別扱いしているわけではない。

e0030497_2143251.jpg

筆者的に、シューレース(靴紐)の微妙な細さが気に入っている。
フワフワして幅の広い紐だと、すぐほどけてしまうでしょ?
ソールの厚さや材質はもちろん、全体的にしっかり作られている。
でも、硬くなくて軟らかいから長時間歩いても疲れない。

今年の行楽はディーゼルで!
[PR]
by cupido | 2008-04-08 21:13 | お買い物
小さくてカワイイ、あまりに有名なお菓子、金平糖(コンペイ糖)
実はポルトガルから伝わったスイーツである。
語源はポルトガル語の砂糖菓子「confeito」であり、
さらにこのポルトガル語は、ラテン語「confectus」を語源とする
「作り上げる」と言う意味である。
e0030497_15434976.jpg

作り上げる?
それはコンペイ糖の根気の要る作り方に関係しているようだ。
昔ながらの製法によると、火にかけた銅鍋の中でケシの実やザラメ砂糖に
高温の砂糖水をかけながら、ひたすら混ぜること数十日。
あの独特の形をしたカワイイ砂糖菓子が出来るのだ。
e0030497_154484.jpg

あの独特の形、それは銅鍋が回転し、鍋肌に接した砂糖が一瞬で乾燥
乾燥した場所に溶けた砂糖が付着、また鍋肌に触れて乾燥、、、
この過程が銅鍋が回転している数十日間繰り返されて、突起が形成される。

そのコンペイ糖の突起の数だが、24個と決まっているらしい。
最初は90個程の突起が出来るらしいが、日が経つごとに減っていって
最終的には24個になるらしい。
e0030497_1545191.jpg

なんでも、この法則は蔵本シバンスキー式によって
定義されようとしているらしいが、まだまだ謎なのだとか。。。
しかも、以前記事にした"12(twelve)に隠された数字の秘密"の倍。
不思議すぎる!

さっそくGoogleで検索!
生命、宇宙、そして万物についての答え
↑これをこのままコピペすると、究極の答えが得られます(笑)
[PR]
by cupido | 2008-04-07 15:45 | 雑学系とか
先日職場の同僚が、会社にアップルパイを焼いて持って来てくれた。
アップルパイは筆者の大好物である。おおきに!
e0030497_18332851.jpg

写真は近所のパン屋で売られていたボレイマ


ボレイマとはポルトガル語の「ボーロ(訳:ケーキ・菓子)」が語源の伝統菓子。
ボレイマにかけられた少量のシナモンが良い香りだった。
シナモンがかかったアップルパイと言えば、アメリカの家庭の味。
e0030497_18473523.jpg

しかし、意外と歴史は深いようだ。
古代エジプトでは、パイ生地に肉などを詰めた惣菜として食され
15世紀になってから果物が詰められるようになる。アップルパイの誕生である。
17世紀にはフランスに伝わり、その後スイーツとして世界中に伝わったそうだ。
e0030497_18453213.jpg

イギリス国教会の弾圧を逃れるべく、アメリカへと移住したピューリタン達が
アップルパイをアメリカに定着させたとの説があり
日本へは、明治時代にはもうアップルパイが伝わっていたらしい。
e0030497_18455737.jpg

さて、筆者オススメのアップルパイ情報
大阪の京阪百貨店にマリーカトレーヌという店がある。
その店に、板状になった長方形のアップルパイが売られている。

筆者的に世界一。
[PR]
by cupido | 2008-04-06 18:49 | 雑学系とか